Mibu Akiko

はじまりはウサギ、そしてブタ。ウサギと暮らし始めてネットで調べているうちに毛皮や動物実験の問題にぶつかった。
こわごわとデモに参加するようになり、肉食にも疑問を持ち始める。そしてある時、子豚の悲鳴を聞いてしまった。いよいよ肉が無理になり、肉を食べるくらいなら栄養失調になってもいいとさえ思っていた。
実際にはずんどうなウエストがサイズダウンし、体や肌の調子が良くなり、持ち歩いていた頭痛・咳・胃腸の薬はいらなくなった。なんだか楽しくなってきた!そうか、菜食は苦行でもやせ我慢でもなく、堂々食いしん坊でいられるんだ!今ではビーガンになってアニマルライツの活動をしています。
動物、環境、健康、そして私たちの次の世代のため。菜食はいいこといっぱいよ。

シェアしよう